不動産

不動産物件と資産運用の投資の条件

不動産投資はもともと資産がある人が長期的に収入を得るための方法で、日本のように資産がない場合住宅ローンでお金を借りて、投資を行うという方法に無理があります。
動かせる流動性のある資産を利用して、自分の資産の範囲内で投資をするという方法が、正攻法ということになります。
レバレッジを効かせて投資をするという場合には、相当な勝算があって初めて挑戦できるという方法です。
住宅ローンなどでお金を借りて賃貸経営を目指すという場合には、満たすべき条件も多く、下手をすると負債の方が多くなるという危険もあります。
リターンを得るためには、リスクも負うということが投資の原則ですが、無理をして、不動産投資をして、借金を増やすのでは、資産運用としてはあまりうまくない方法だったということになります。
そうなると何もしない人の方がうまく運用できたということになります。
損をしていないからです。
そんな皮肉な状態にならないように不動産投資はしなければなりません。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.