不動産

不動産投資と相続や税金対策でのメリット

不動産投資では、資産運用で収益をあげたり、長期的な不労所得を得ることができたりというメリットがあります。
もちろん物件により損をする場合もあるので、投資ということになりますが、税金対策で投資をするという人たちもいます。
例えば路線価という国税庁が定めた土地の単価の基準がありますが、これは現実の価格よりも低く設定されていて、現実の価格の7割ぐらいになっているという話もあります。
実際はどうなのかということは個別の物件で確認する必要がありますが、低く設定されているので、お金で持っているよりも評価の低い分税金も安くなるということだそうです。
国税庁の定めた価格なので、その点は信用ができます。
実際は買い手がいないとメリットもありませんが、建物の減価償却により資産を圧縮できるということを考えると、誰もが象族税を低く抑えるために利用したいと考えるのも無理はありません。
あくまでも流動性を確保できる立地という条件はありますが、メリットは大きいということになります。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.