不動産

ペットがダメな場合でも飼える動物

マンションなどでは、ペットを禁止するところがあります。
ペットとしてすぐに想像できるのは、犬や猫になります。
犬は泣き声、臭いなどがトラブルの元になります。
猫も臭いはあります。
習性から爪とぎをすることから、物件を傷めやすい場合があります。
そのために賃貸物件では飼うことを禁止しているところもあるようです。
ペットが禁止になっているところでは、基本的にはペットを飼ってはいけません。
規約を破ると、退出などを求められることがあります。
ただ、ペットを禁止する場合には、動物全てを禁止しているわけではないことを知っておきましょう。
ペットの代表である犬や猫を禁止しているのであり、それ以外の動物は相談により飼える場合があります。
その一つに魚があります。
水槽に入れて飼うことになりますが、あまり大きすぎないものなら飼える場合があります。
鳴き声、臭い、その他のトラブルが起きにくいのであれば可能になることもあるので、相談をしてみましょう。

Copyright© 不動産 All Rights Reserved.